• Yoko

第一回松下幸之助杯スピーチコンテストで最優秀賞獲得!


先日行われた第一回松下幸之助杯スピーチコンテストにて、Manasa Mora代表 稲垣が、松下幸之助杯(最優秀賞)をいただきました!内容はマダガスカルの経験をもとに感じたことや2030年に向けたビジョンを織り込みつつ、Manasa Moraのアイディアに至った経緯やプロジェクト計画についてお話しました。小学生から社会人まで、素晴らしいスピーカーの方々の中で、最優秀賞をいただくことができて大変嬉しいです。いただいた賞金ともとに、これからもManasa Moraのプロジェクトを前に進めていきます!


以下、松下政経塾HPからの抜粋です。


松下幸之助杯(最優秀賞)(賞状及び副賞30万円)1名


稲垣葉子さん(サセックス大学)

<スピーチタイトル>

「すべての女性が可能性を発揮できる社会を目指して ―マダガスカルでのソーシャルビジネスによる女性のエンパワーメントとマラリア削減―」

<SDGsの17の開発目標>

「3.すべての人に健康と福祉を」「5.ジェンダー平等を実現しよう」


(選評) 2030年に向けて明確なビジョンをもち、地域を定め、具体的な計画を立て取り組んでいる点を評価しました。マダガスカルにおいて、ランドリー(洗濯)サービスを提供し、家事労働の効率化を通して、女性の活躍を図るという趣旨のスピーチです。その姿は、まさに「既成にとらわれず、たえず創造し開拓していく」リーダーであり、多くの人びとを勇気づけ、未来を開く最優秀賞に相応しいと考えます。実現に向けて着実な前進を期待しています。


イベントレポート情報 | 松下政経塾 (mskj.or.jp)

69回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示